So-net無料ブログ作成
検索選択

炭と墨の観察 [仮説]

追記)

お金の出現によって、食べ物は自分で作って、その家族が食べるという生活が

崩れてしまったと想像する。

とくに若者を家族が縛る「生きていくための方法」を伝授することを

若さゆえに拒むものが出てきたとして不思議ではない

いつの世も、自立したいと考えるものでしょう

お金によって、それまでの対人関係や家族単位の関係や部落単位や国別にも

大きな変化をしたことでしょう。

働く価値観も変わってしまったと思います

それによって、宗教が台頭したのではないでしょうか?

善とは何か、悪とは何か、

それを解く宗教に心が動かされたのではないかと思う

マネーショックの後遺症だと仮説します


nice!(0)  コメント(0) 

炭と墨の観察 [仮説]

いろいろと書いてきたのですが、資料がないので仮説は仮説のままでおわりますが

もし、信長がローマ字に興味を持ち、その正体を知りたいとして

そのために光秀がキリシタンに入ったとしたら・・・・

ポルトガル人日記には、光秀はキリシタン嫌いと書かれたそうですが、娘はキリシタン)

途中までは信長はローマ字派だったのが、何らかの理由で漢字派に変わったとしたら?

嫌いなキリシタンでも牧師の説教に、光秀も心が動かされたとしたら?

光秀が神父に懺悔をしたものがポルトガル日記に記載されたのではないか?

としたら、

信長に足蹴りをされたことを、神父に懺悔したことになる、ということは

信長に怒りを覚えたと懺悔をしたのではないのか?

信長が光秀を足蹴りした原因は「家康の接待のミス」それとも「ローマ字から漢字に決定した」から 

それなら信長がどうして心変わりをしたのか?

または、光秀にはローマ字変換が理解できなかった。

それを信長に報告して怒られて足蹴りされた?

何があったのか?

・・・・

仮説は仮説のまま終わります

ここでちょっと宣伝します。私が書いた「時代劇」小説です

http://dead2nixon.blog.fc2.com/

暇がありました読んでみてください、ん~話は途中のままで、書き終えてませんが

ん~ちょっと書く気にならないのでこのままで・・・おわりかも(笑)すまんです


nice!(0)  コメント(0) 

炭と墨の観察 [仮説]

ポルトガル日記は信長の最期まで描かれている

登場人物が光秀と秀吉に絞られた内容になっている印象を持つ。

織田家臣はほかにもたくさんいるにもかかわらず、ポルトガル日記は家臣の戦の話が出てこない

ドラマや演劇はよって光秀と秀吉と家康を中心にした内容のものが多い

ここでちょっと強引におおげさに書いてみようと思う

ポルトガル(ローマ字)=光秀

仏教(日本語)=秀吉

と無理やり分けてみた、もし信長が兵力による天下統一だけではなく、新しい国語を全国に統一

しようと思ったとしたら、ローマ字を使ってしゃべる言葉の統一をするために、キリシタンの

説教を利用して、今の学校のように学び舎として教育の場にしたいと考えたとしたら。

また、仏教の漢字を利用しての、文字を読む行為を利用して、言葉の勉強をし

僧侶による説教を利用して、国語の勉強の場として考えたとしたら。

二つの勉強の仕方を、秀吉と光秀によって争ったとしたら、その後の二人の行動が理解できる

でも、そんなに仮説が簡単に現実の話として入れかえることはないだろう

信長は石山本願寺と戦ったという事実

本願寺の戦いに出兵をしたのは、秀吉と光秀である

ドラマでは、この戦いで秀吉は「むごい戦いをした」という立場をとって描かれているが?


nice!(0)  コメント(0) 

炭と墨の観察 [仮説]

信長の苦悩を秀吉が改善し、秀吉の苦悩を家康が改善する

それによって国民の生活が変化したのだろう。

文体の言葉(今でいう標準語)は信長の時代になかったのだろうか?

ポルトガル人(イエズス会)が日本に到着して、信長に謁見するまでの時間か

謁見後、その次に謁見するまでの間に、信長の前にどれくらい日本語をしゃべれたか

それを信長に聞かせることが、最初の第一歩ではなかったのではないだろうか。

外人が日本語(尾張語)をしゃべったのを聞いた信長は、そのマジックの正体を

知りたいと思って不思議ではない。世界中をキリスト教普及を目的に出向くイエズス会

メンバーは、その国の言葉を習得するノウハウを持っていたと考えるのは当たり前だと思う

それはアルファベットであり、日本語のローマ字で覚えるという方法であったはずだ

日本人でさえしゃべれない尾張語を短期間でしゃべる外人に驚きは隠せなかったに違いない

信長の行動をポルトガル人が日記に残されている

その中に出てくる本能寺の変の記述の中に、明智光秀の行動が書かれている

信長と光秀の行動を細かく書かれているために、のちの信長伝記のもとになって

ドラマ化された際に描かれている。

このポルトガル日記に、ローマ字について書かれているのか?私はわからないので

やっぱり仮設であって、想像の域を超えることはできてない


nice!(0)  コメント(0) 

炭と墨の観察 [仮説]

戦国時代を信長・秀吉・家康と分けて考えると

信長の天下統一という考えは奇抜であって、世の中は訛りが通じる集団だけで

生活をすることしか考えていなかったと思う、さらに信長の時代にお金の価値が

明確になったことが、仕事にあふれた農民の新しい職業としての「兵」が確立

したものと考えられる。

その証拠ではないが、家紋や旗などの戦場で使う道具に「お金」を連想させる

紋や絵や色を使って、戦場近くに住む農民や非農民に「アルバイトしませんか?」

と宣伝をしながら兵を募集しながら戦場に向かったと思う。

畑や水田を耕す仕事をして、食を得る方法しかなかった者にとって「お金」は

新しい職場を作り出したのだろう。

閉鎖的な「訛の国」の集合体の当時の日本で、前に書いた文字を使った「文体」の

言葉を使う(明治時代から作られた標準語)集団が存在していたのではないかと

想像する。

それは仏教という漢字をつかった言葉ツールをもっていた宗教団体ではなかったのか?

それは「訛の国」の集合体の日本でも、統一された「文体」言葉をつかっていたのではないかと

思う。


nice!(0)  コメント(0) 

炭と墨の観察 [仮説]

木下藤吉郎は針を売りに全国を歩いて商売をしていた、

また明智光秀も全国大名に仕官をするために歩き回っていたという話を聞く

前回にも書いた「通訳」が戦国時代に存在していたのか?

木下藤吉郎のちの、豊臣秀吉は全国大名の嫡男を「人質」として大阪城にいれ

小将軍団を形成したのが、「人質」だったのだろうか?

徳川家康が尾張で子供のころ過ごした経験で、言葉を取得して大きなチャンスを手に入れた

経験をもとに、秀吉もそれを真似て小将軍団をつくったのではないだろうか。

信長がローマ法王に謁見するために少年4人を使節として送り、謁見後に日本に戻る

時代が変わり、信長から秀吉に権力が移動し、少年4人は秀吉の報告をするために面会した際に

秀吉から家臣になるように命令された。それはたぶん、「通訳」というものが武家社会では

当たり前になっていたのではないかと思うのです。

秀吉は信長と違い、戦いをせずに和睦をすすめた人だ、それは信長より「通訳」を多く

家臣として雇っていたと想像できる。

また信長が外国に開国をしたのも、日本人同士でも会話ができない現状が当たり前なら

言葉が通じないから外国人を排除する理由がみあたらない。


nice!(0)  コメント(0) 

炭と墨の観察 [仮説]

炭と墨を使った手紙

その文章は私には読めないが、文体は訛ってた文章なのか

それとも標準文体なのか?

標準語が存在すると、その文体をしゃべることはできることになるはず。

となると会話は成立するはず

徳川家康は三河は尾張の隣の国で、お国言葉に共通するものがあっただろうし、

さらに、家康は幼少のころ、尾張に身を隠した時期があり、

その際にお国言葉を理解する機会に恵まれたと想像される


nice!(0)  コメント(0) 

炭と墨の観察 [仮説]

炭と墨によって書かれた手紙(木片)はどうして必要であったのか。

戦国武将の手紙がたくさん残っている。

手紙を届ける郵便局は昔はなかったのに、手紙の数が異常に多いと感じる

想像では、お国言葉(訛)があり、そのくくりが国であったに違いないと思う

昔なので通訳という職業があったのか?わからないが

お互いにしゃべる言葉を理解しあうことは不可能であったはず

初めて行く国、そのお国言葉は、テリトリーを示すために存在していたはず

縄張り意識は想像以上だろうと思う

言葉を理解できなければ、文字が共通語であったはず。

文字を書く炭と墨


nice!(0)  コメント(0) 

海と大地の観察(墨) [仮説]

昔の書物や木片に書かれた文字を見て考える

その文字を書く液体は「すみ」

すみは墨なのか?それとも炭なのか?

炭は樹を燃やしてできる、墨は海水と生活水が混合して黒い砂になる

昔の書物を分析してみたいと思った

どの時代に墨か炭のどっちを使っていたんだろうか

それは地域的(海がない土地)に関係してくるだろう

乾燥した文字の墨(炭)を分析してはっきりさせたいと思ったのです


nice!(0)  コメント(0) 

葛西水族園マグロ全滅問題 [仮説]

今日のインターネットニュースコピー

葛西臨海水族園(東京都江戸川区)のクロマグロが大量死した問題で、水族園は20日、死んだマグロの内臓からウイルスが検出されたと明らかにした。病原性かどうかも含め、特定を進める。マグロは残り3匹にまで減少しており、全滅する恐れがある。水族園によると、今月10日に解剖したマグロ2匹とスマ1匹の病理検査を日大に依頼。その結果、3匹すべての脾臓の細胞から、ウイルスが検出された。昨年11月1日時点で69匹飼育していたマグロは12月20日以降、相次いで死んだ。同園は夜間照明を点灯し続けるなどの対策に取り組んだが、減少続けていた。

まだ結論が出ていないようです。

ウイルスは生物の体の中にはいるものだと思うけど、それが原因とは???


nice!(0)  コメント(0) 

葛西臨海水族園のマグロ大量死ニュース [仮説]

http://youtu.be/OEGb3B7rEjE

東京の葛西水族館のマグロが大量死したニュースを見た

原因は背ほねの骨が折れてしまったという記事も読んだ

原因はこれから発表されるだろう

水槽に入れて何年七日、知りたい内容がなかったのが残念


nice!(1)  コメント(0) 

ベンケイガニの観察 [仮説]

今日の朝、ベンケイガニが玄関に隠れていたのを発見する

逃走が11月20日だから10日間逃亡したことになる

その間、何も食べてないし、水を飲んでいない

ベンケイガニと一緒にアカテガニも逃げたのだが、玄関で死んでいるのを見つける

ここにベンケイガニとアカテガニの生態の違いを見ることができると思う

陸上生活に適応したカニと汽水で生きるカニの違いだと思う


nice!(0)  コメント(0) 

ベンケイガニの観察 [仮説]

気温が下がってきたので、去年と同じように水槽の中に水を入れて

ヒーターを入れて越冬の準備をしたら、すきを見てカニが逃走していまだに見つからないでいる

どこにいったのやら

所で、カニに味覚があるのか?ないのか?と最近考えているのです


nice!(0)  コメント(0) 

仮説の観察 [仮説]

蚊が人の皮膚についた「汗=塩」を得るために舐めるならば

洋服ダンスの中で発生する虫の幼虫は、服の生地に好みがあるのではなく

その生地が汗を吸収しやすい素材なのかもしれないと思った

幼虫の体の大きさを考えると、摂取する塩の量は微量でいいはずだ

さらに発想を広げると、人間が食べた料理が服に付いたものが、塩分のある料理であったならば

摂取すると考えられる。


nice!(1)  コメント(0) 

仮説の観察 [仮説]

生物進化のメモを別のブログに書いていたので、10年記念として公開します。

http://sannosuke2006hm.blogspot.jp/


nice!(0)  コメント(0) 

仮説の観察 [仮説]

DSCN5288 (480x360).jpg

忙しない毎日を過ごしていたら夏の後半戦になってしまった

カニの様子がちょっと変

もしかしたら卵を産む時期が来ているのかもしれない

それでエアーポンプを購入しました


nice!(1)  コメント(0) 

仮説の観察 [仮説]

DSCN5225 (480x360).jpg

今日は風が吹いて、涼しく感じますね

窓から見た景色

風に乗ってツルをのばして、新天地を探している

さらに、葉は風に乗ってちゅうをまっている

そうか、葉は飛行機の羽のように思えた

そうか、そういう役目を持っているのだと思ったのです


nice!(2)  コメント(0) 

仮説の観察 [仮説]

海の仕事をしなくなってしまったので

塩の進化論は終わってしまった感じになってしまいました

最近はブログとおり「畑」作業中心です

ただ今草むしり中、夕方になると蚊が飛んできて耳元で羽音がしてくると

そろそろ今日は終わりにしようかなって思います

蚊を観察した

蚊は血を吸うが、吸う前に汗を感じて寄ってくるらしい情報テレビでみたことがある

蚊は生まれたての時、血を吸う力がないようで、畑作業をして汗をかいている服や肌に止まって

汗(塩)をなめているように思った

塩の進化論でした


nice!(0)  コメント(0) 

畑の観察 [仮説]

DSCN4631 (480x360).jpg

畑をどう使うのか、ずっと考えています

一年計画になってしまうのですが、一年のうち、春と秋に種を蒔くことが多い

どれくらい蒔くのか、畑の広さに関係するのですが

自分の畑は狭いので、たくさん蒔けないと思う

上手く効率よく畑を活用し、畑に使用する消耗品の肥料や薬品や工具の事を考える

一年を3つに分けて畑を使う方法にしようとおもっています

畑を三等分して一つを春、一つを春夏秋、一つを秋に使う

3頭分の一の春野菜の種を蒔き終えた時点で、畑には秋と春の二つの畑に作物ができ

春夏秋の畑は何も植えていないし、種を蒔いてない状態にしてお休みにする

一年を通じて、畑を三頭分の一は、必ず休みにする事

これをやってみようと思っています

 

 


nice!(1)  コメント(0) 

ベンケイガニの観察 [仮説]

DSCN3746 (480x360).jpg

久しぶりのベンケイガニの飼育です。

今までとは違った考え方で飼育をしていこうと思っています

その考えがまとまったので、書きます

前回は「水と塩」の観察から始まって水は飲むのかとか、塩をどうとるのか?

そういう考えから発想したものだったと思います

今回は、カニは冬眠しないという考えから飼育をしようと思っています

自分でもどうしてカニが冬眠するのかと思ってしまったのか?

たぶん砂に穴を掘る行為がそう思わせたのだと思います

それを頭からはずして、船橋時代に飼っていた「クシテガニ」と同じ方法にすることにしました

水槽の三分の一に海水を入れ、海水の中にコンクリートを入れて陸替わりにします

コンクリートの上に、餌と水を置く(水は海水から摂取するだろうから、少量でいいと思う)

この方法にします

さらに今回は期間を決めることにしました

5月から9月までの水槽環境とする、10月以降は海水の量を増やして、水槽の半分の量を入れ

ヒーターを入れることにして、来年の4月まではそうしようと思っています

何故?

5月から9月までの期間にしたのか

それはたぶん自然界でカニがとる行動の推理になるのですが、たぶん、理由は二つ

一つは脱皮をすること。もう一つは産卵をすること。

この理由でカニは海から陸上に上がってくるものと推測するからです

脱皮したあとの状態がカニにとって最大の危険状態であり、脱皮した後にすぐに陸上に上がることが

一番危険が少ないからでしょうし、産卵も卵をもって海水の中で活動をすることは魚の標的になってしまう

からでしょう。浅瀬で魚がいない場所で産卵をするというがベストなんだと思う

そうした理由をもって今回のベンケイガニの飼育をします

あと、アカテガニも上記と同じ理由で同じような水槽環境で飼育をします


nice!(0)  コメント(0) 

サワガニの観察 [仮説]

去年はサワガニを仕入れませんでした

理由は冬を越しても春には死んでしまうからです

その原因がわからないのです

今もわからないのですが、インターネットのサワガニを飼育している人たちの記事

を見てもその原因をわかっている人はいないと思う

また、サワガニを飼育している写真の中にサワガニを飼育する環境にあったものはないと思う

サワガニを捕まえに言った写真を見て、その飼育する水槽の発想があるのだと考える

99パーセントの人が、川の石の下にいるサワガニを発見して家に持って帰るパターンなのだ

だから発想は川のイメージなんだと思う

残り1パーセントの人は「山道」でサワガニを発見している写真だ

川水は冷たいという考えと山道の木影の寒さとは一致していると考えられる

あとサワガニを捕まえた川の写真も99パーセントが夏の昼間だ

山道も夏の昼間と一致する

私が3年間飼った時の水槽の環境は川ベを意識したレイアウトだった

でも春を迎えることはできなかった

サワガニの飼育のどれが一番ベストなのかは、まだわからないでいる

今年サワガニを仕入れるか今まよっているところです

水槽環境をどうするのか?自分なりの提案がない限りは入れない


nice!(0)  コメント(0) 

仮説の観察 [仮説]

子供のころの記憶を思い出すと、昆虫は花の蜜を飲んでいるものであって

水を飲むという行為をするとは考えていなかった

畑で水まきをして、野菜の葉に水がたまっているところに、蜂が来て水を飲んでいる行為を見る

そうだよね

これに気づいたら、カブトムシとか買うのに苦労しなかったのにと今は思う

二週間くらい前に、野菜の害虫駆除をするための液体スプレーを購入した

殺虫剤のような気持で、昨日葉に止まった昆虫めがけてかける

虫は死ななかった

もしかしたら、この液体を飲んで駆除する仕組みなのかもしれないと思った

あと

夏に畑に蒔く水は、朝がいいとか夜がいいとかという記事を読んだ 

ん~今年は私の考えで水を撒こうと考えている

朝とか夕方とか夜とか関係なく、気温が大切だと考える

気温が20度前後の時に水を撒くという考え方をやってみようと思っている


nice!(0)  コメント(0) 

生物の推理 [仮説]

DSCF2094 (480x360).jpg

もしも、木の中で水がいっぱいになって

水の中で幼虫が泳いでいたら・・・・・

そうしたらどうやって、息をするのだろうか?

幼虫は酸素いらないのかな?

色々と考えると研究をしたくなるものですね


nice!(0)  コメント(0) 

生物の推理 [仮説]

今日は畑の周りに植えてある木を手入れをしました

一本の木がカミキリムシのような、木の中に卵を産み付けられたらしく

木の真ん中をくり抜かれてしました

それでその木をノコギリで切り込んでいくと、木から水があふれてきました

木の中が空洞になっていてそこに水がたまっていたようです

木や草は地面から水分を吸い上げているというのを聞いたことがあり

それだと思いましたが、まさか空洞のなかに水がはいているとは思いませんでした

でも、もしこれが当たり前の事ならば、木の中に住む幼虫は木の中にいて

十分に水を補給できるということにあります。

昆虫は成体でなくても、水分が必要であるということになります

DSCF2097 (480x360).jpg

写真は木の生えた向きに置いております

DSCF2094 (480x360).jpg

上の部分にノコギリを入れて切りました、切り口に水分がついているのが

わかります

そしてこの木を写真に撮りたいので、さらにその木の下を切って家に持って帰る

つもりで切りました

DSCF2095 (480x360).jpg

下の切った部分ですが、穴が開いていませんでした

水分を吸い上げて空洞に水がたまる仕組みになっていると考えられます


nice!(0)  コメント(0) 

生物の推理 [仮説]

2010_0531love0001[2].JPG

2010_0531love0002.JPG

2010_0531love0003[2].JPG

①岸壁(岩)
②海水
③蟹の位置(水を飲む場所)
④砂地(土手)
⑤湧き水

海水の表面は雨や川の真水が
海水の混ざり塩分2gの水か、真水に近い水が水面に残っている。

図Cは砂場に穴を掘って雨が降ってくるのを待って
いる可能性があると思う。貝類も潮の満ち引きで海水の表面の水を飲むため
に水管を伸ばして飲んでいる可能性がある。

海水生物は水を飲むのか?
水は雨・川・湧き水・氷と考えられる。
水だけ100パーセント飲むのではなく、海水と混ざり塩分2g/100gの割合の薄味の海水を飲むのではないだろうか

 


nice!(0)  コメント(0) 

生物の推理 [仮説]

陸上で生活する生物。
空気を吸って、空腹を満たすことは無い。
空気を吸って、のどの渇きを満たすことは無い。

海水の中で生活をする生物。
海水を飲み込んでも、空腹を満たすことはない。
海水を飲み込んでも、のどの渇きを満たすことは無い。


nice!(0)  コメント(0) 

生物の推理 [仮説]

ちょっとお休みしてしまいました、色々とやることが多くて書けませんでした。

どこまで書いたのか、思い出しながら進めます

蟹や昆虫の行動を見ていると、食べ物と水と塩分は人間と同様に必要なものだという事がわかりました

海水に住む生物にはあてはまるのか?

海水魚は水を飲まないのか?

海水に住む哺乳類は水を飲まないのか?

陸上に住む生物だけしか水を必要としていないのか?

雨が海に降ったら、海の表面に水たまりができる、気温が下がれば水は海水の上に氷を張る

魚はおしっこをしないのか?

哺乳類はおしっこをしないのか?

それは海水を飲んでおしっこになるのだろうか?水を飲んでおしっこをしているのではないのか?

そう思ったのです


nice!(0)  コメント(0) 

生物の推理 [仮説]

009[1].JPG

008[1].JPG

コメツキガニを飼育しました、約2か月間飼育できました

飼育する時の注意したことは、自然界なら絶対にあること、それは雨

定期的に水を砂にかけるようにしました

エサは砂についている微生物を食べているらしく、餌の代わりになるのかわかりませんでしたが

熱帯魚のフレークをあげました(食べたのか不明)

海水を継ぎ足すことをしなかったら死んでいました

2010_0616love0003[1].JPG

コメツキガニです

001[1].JPG

表面が乾いたら水を上げました

海水や砂浜に生息しているからといって水がいらないという事ない

水を飲む生物なんだと思いました


nice!(0)  コメント(0) 

生物の推理 [仮説]

クシテガニの不思議な行動の動画 http://peevee.tv/v?65o094

サワガニの不思議な行動の動画 http://peevee.tv/v?6ow609

蟹は不思議な生物だと思うし、蟹からいろいろと学ぶところが多かったし、いろいろと推理の原点になっています


nice!(0)  コメント(0) 

生物の推理 [仮説]

001[1].JPG

002[1].JPG

シンビジウムの花の蜜をもう一度塩分測定をする。蜜は水と固形が混ざった状態の粘り気のある液体です。(蜂蜜と同じような液体。)結果は水分が少ない場合は塩分7g。


nice!(0)  コメント(0)